11양태환

[레벨:1] 11양태환, 2012-03-20 08:36:28

조회 수
784
추천 수
0

氏姓制度 : (しせいせいど)とは、古代日本において、中央貴族、ついで地方豪族が、国家(ヤマト王権)に対する貢献度、朝廷政治上に占める地位に応じて、朝廷より氏(ウヂ)の名と姓(カバネ)の名とを授与され、その特権的地位を世襲した制度。

大和 : (やまと)は、日本の異名。大倭・大日本(おおやまと)という雅称も指す

聖徳太子 : 聖徳太子(しょうとくたいし、敏達天皇3年1月1日(574年2月7日) - 推古天皇30年2月22日(622年4月8日))は、飛鳥時代の皇族。政治家。用明天皇の第二皇子。母は欽明天皇の皇女・穴穂部間人皇女。

推古天皇のもと、摂政として蘇我馬子と協調して政治を行い、国際的緊張のなかで遣隋使を派遣するなど大陸の進んだ文化や制度をとりいれて、冠位十二階や十七条憲法を定めるなど天皇を中心とした中央集権国家体制の確立を図った。また、仏教を厚く信仰し興隆につとめた。

憲法17条 : (じゅうしちじょうけんぽう)とは、『日本書紀』、『先代旧事本紀』に、推古天皇12年4月3日(604年5月6日)に「夏四月 丙寅朔戊辰 皇太子親肇作憲法十七條」と記述されている、17条からなる条文である。この皇太子は、「廄戶豐聰爾皇子」(聖徳太子)を指している。憲法十七条、十七条の憲法とも言う。

古事記 : (こじき、ふることふみ)は、その序によれば712年(和銅5年)太朝臣安萬侶(おほのあそみやすまろ、太安万侶(おおのやすまろ))によって献上された、現代確認できる日本最古[1]の歴史書である。上・中・下の全3巻に分かれる。原本は存在していないが、後世の写本の古事記の序文に書かれた和銅年及び月日によって、年代が確認されている。

日本書紀 : (にほんしょき、やまとぶみ)は奈良時代に成立した日本の歴史書である。日本における伝存最古の正史で、六国史の第一にあたる。舎人(とねり)親王らの撰で、720年(養老4年)に完成した。神代から持統(じとう)天皇の時代までを扱う。漢文・編年体をとる。全30巻、系図1巻。系図は失われた

万葉集 : (まんようしゅう、萬葉集)は、7世紀後半から8世紀後半ころにかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集である。天皇、貴族から下級官人、防人などさまざまな身分の人間が詠んだ歌を4500首以上も集めたもので、成立は759年(天平宝字3年)以後とみられる。

日本文学における第一級の史料であることは勿論だが、方言による歌もいくつか収録されており、さらにそのなかには詠み人の出身地も記録されていることから、方言学の資料としても非常に重要な史料である。

平氏 : (へいし、たいらうじ)は、「平」を氏・本姓とする氏族。姓(カバネ)は朝臣。家紋は揚羽蝶、鱗など。日本において皇族が臣下に下る(臣籍降下)際に名乗る氏の一つで、一般に有名な桓武平氏を含め4つの流派がある。

源氏 : (げんじ、みなもとうじ)は、「源」を氏・本姓とする氏族。姓(カバネ)は朝臣。

日本において皇族が臣下に下る(臣籍降下)際に名乗る氏の一つで、一般に有名な清和源氏のほかにも多数の流派がある。

幕府 : (ばくふ)は、武家政治の政庁や武家政権そのものを指す(平氏政権・織豊政権などの例外はある)。通常、政庁は最高司令官である征夷大将軍の居館・居城に置かれていた。中世及び近世における日本の軍事政権。

源頼朝 : (みなもと の よりとも)は、平安時代末期、鎌倉時代初期の武将、政治家であり、鎌倉幕府の初代征夷大将軍である。

将軍 :(しょうぐん)は、比較的大きな軍隊の指揮官に与えられる官職および称号の一つ、また軍閥の指導者の地位でもある称号としての将軍を将軍号ともいう。古来より東洋における軍隊の指揮官の役職名の一つであった。外交上または軍隊内の敬称としては閣下が用いられる。

公家 : (くげ)とは、日本において朝廷に仕える貴族・上級官人の総称。天皇に近侍し、または御所に出仕していた、主に三位以上の位階を世襲する家。公家の称の由来として、元来は天皇または朝廷を指し、「こうけ」「おおやけ」と読んだ。鎌倉時代以降、藤原氏・源氏・平氏などの貴族の内で、武力で天皇に奉仕する幕府を武家と称するようになると、それに対比して、儀式と文治をもって天皇に奉仕する宮廷貴族一般を公家と呼ぶようになった。

武家 : (ぶけ)とは、日本における軍事を主務とし貴族階級の官職を持った家系・家柄の総称。江戸時代には武家官位を持つ家系をいう。現代では武士一般を指すこともある

北山文化 : (きたやまぶんか)とは、室町時代初期の文化で、三代将軍足利義満(1358年~1408年)の北山山荘に代表され、14世紀末~15世紀前半までをさす。東山文化に対して使われる言葉である。

東山文化 :(ひがしやまぶんか)とは、室町時代中期の文化を指す用語。八代将軍足利義政(1436年-1490年)が築いた京都の東山山荘を中心に、武家、公家、禅僧らの文化が融合して生まれたとされる。慈照寺銀閣は東山文化を代表する建築である。

大名 : (だいみょう)とは、大名主より転じた語。大いに名の轟く者のことを指す。対義語は小名である。もともと地方で勢力をふるう者のことを言った。そのうち、武家社会において、多くの所領や部下を所有する武士を意味する語となった。

南蛮文化 : (なんばんぶんか)とは、16~17世紀に南ヨーロッパのカトリック教国民が日本にきたことによって普及し、また日本人がその影響を受けた外来文化。

関が原の戦い :(せきがはらのたたかい)は、安土桃山時代の慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)に、美濃国不破郡関ヶ原[1](岐阜県不破郡関ケ原町)を主戦場として行われた野戦。関ヶ原における決戦を中心に、日本全国で戦闘が行われた。徳川家康の覇権を決定付けた戦いである。

町人 : (ちょうにん、まちにん)とは、江戸時代に都市に居住していた職人、商人のこと。江戸時代前期に、身分制度(士農工商)が成立し、末端の工商の部分にあてられた。このことにより職業的に農業との分離が促進され、より専門性が高まった。

寺子屋 : (てらこや)とは江戸時代、庶民の子弟に読書算や実務上の知識・技能を教育した民間教育施設である。手習所や手習塾ともいう。「寺子屋」の名称は主に上方(京都・大坂・伊勢など)で用いられ、江戸では「手習指南所」「手跡指南」などと呼ばれた。

軍人勅語 : (ぐんじんちょくゆ)は、1882年(明治15年)1月4日に明治天皇が陸海軍の軍人に下賜した勅諭である。正式には『陸海軍軍人に賜はりたる敕諭』という。

教育勅語 : (きょういくちょくご)は、明治維新以後の大日本帝国で、政府の教育方針を明記した勅語である。

キノコ雲 :(キノコぐも)は、大気中での熱エネルギーの局所的かつ急激な解放にともなう上昇気流によって生じる積乱雲の一種。

脱亜入欧 : (だつあにゅうおう)とは、「後進世界であるアジアを脱し、ヨーロッパ列強の一員となる」ことを目的とした、日本におけるスローガンや思想である。

0 댓글

Board Menu

목록

Page 8 / 11
번호 제목 글쓴이 날짜 조회 수
74

11 성우정

[레벨:0]11성우정 2012-04-09  
73

10정원교

[레벨:1]10정원교 2012-03-20 805
72

11양태환

[레벨:1]11양태환 2012-03-20 784
71

11백승민

  • file
[레벨:0]11백승민 2012-03-20 795
70

11이종훈

1
[레벨:0]11이종훈 2012-03-20 24
69

11필중애

[레벨:1]11필중애 2012-03-20 1
68

11정은경

[레벨:1]11정은경 2012-03-20 893
67

11손민지

  • file
[레벨:0]11손민지 2012-03-20 865
66

10 이루미

[레벨:1]10이루미 2012-03-20  
65

11오유정

  • file
[레벨:0]11오유정 2012-03-20 820
64

지역학의 이해

  • file
[레벨:0]11양한결 2012-03-20 815
63

11 김수동

[레벨:1]김수동 2012-03-20 784
62

11김동원

4
  • file
[레벨:1]11김동원 2012-03-20 907
61

지역학 입문1

[레벨:1]김수동 2012-03-20 804
60

11김혜원

  • file
[레벨:1]11김혜원 2012-03-20 790
59

11박상영

  • file
[레벨:0]11박상영 2012-03-20 752
58

11김민혜

[레벨:1]11김민혜 2012-03-19  
57

11김민지

[레벨:1]11김민지 2012-03-19 924
56

11김경오

[레벨:1]11김경오 2012-03-19  
55

11민혜수

  • file
[레벨:0]11민혜수 2012-03-19 767
Top