(12주)5/24수업자료

[레벨:7] 81박용구, 2017-03-17 12:22:25

조회 수
189
추천 수
0

발표 준비 잘 하고 나머지 학생들은 활발한 문제제기와 토론을 이끌어 주세요.

6 댓글

[레벨:1] 12송은준

2018-05-19 21:52:36

問題提起

浜口惠俊個人主義集団主義構図個人対社会という二分法的論理批判したがでは間人主義ではこのような二分法克服されたのでしょうか個人間人個別体関係体中間する気質説明できないのではないでしょうか

 

要約

1.問題提起

個人主義集団主義社会編成原理限界普遍性不足欧米社会優越性強調

代案として関係体主義導入必要浜口惠俊間人主義集団主義論のネガティブなイメージをどうやってえているのかを考察する

 

2.個人主義集団主義構図解体

浜口惠俊見解

既存日本文化論方法論的個人主義自明であることとして収容そこから演繹された個人対社会という二分法的論理日本人自立性個体的存在(「個人」)ではないという理由日本人はその対極にある社会重視する集団主義者推論する

全体主義的傾向日本的集団主義する誤解積極的たな説明概念すことが必要

 

3.個別対関係体モデルの構築

主体客体認識享受制御しようとする能動的存在

主体システムの類型

個別対状況との連結性意図的切断してでも自立的主体性確保する

関係体状況との関係自然包摂する

概念規定とシステム理論関係体一般的本来的システム

システムとしてのホロン

下位システムを統括する全体であり同時上位システムに統括される部分

同一レベルにしてつの個体として統合性維持しながら相互依存的協力関係維持する

 

4.関係体としての間人注意

- 間人主義人間観

人間観2つのモデル

個人モデル自身自我(self)意識いつも同一性連続性持続的維持する

間人モデル自身自分認識自他共有される現実でのそのたびの

人間分析する使用される操作概念

パーソナリティー個人内部素材限定させ個人のみを対象とする

レン):一般的対人関係らしてどれほど適切かを把握する

- 間人主義存在論的基盤

欧米社会人間関係いに独立した個人間授受的相互作用 → 社会関係

日本社会人間関係のネットワークをじた相互間連結 → 間柄

- 間人主義論理構造

個人唯我的自我としての単独的主体 → 個体的自律性

間人対人的脈絡自分生活空間内包する関与的主体 → 連帯的主体性

- 関係体としての間人注意

→ 関係体として把握する人間モデル間人

[레벨:1] 13곽철현

2018-05-22 10:16:30

「関係体主義と第三の日本文化論」

「問題提起」

 間人主義が新しい第三の日本文化論として重視されていることは理解できるが、その「間人」は結局、集団の一つだと思われる。自分と他人の間柄を重視するが、自分と他人が存在して、お互いの間の関係が存在することは結局、集団の中で行われる社会活動と同じことではないだろうか。

 

「内容要約」

今まで社会編成原理の枠として一番一般的に使われてきたのは「個人主義」と「集団主義」であった。しかし、現実的に完全なる個人主義や集団主義は存在できないゆえに、非欧米を中心資する学者たちは非欧米社会に対する欧米社会の優越性という価値を超える新たな分析の枠及び概念を造るために努力してきた。その中で最近一番研究者たちが集中していることが、社会編成原理の分析次元を「個別体」ではない「関係体」に移すべきだと言う「関係体主義」パラダイムである。このような関係体主義が登場したことは欧米中心の用語と概念に基礎した日本文化論の問題点とそこから生まれる日本が劣等で欧米が優越だと言う意識を消して、日本社会を内在的観点で見ることのできるが概念と用語を通じる日本文化論の確立、つまり個人主義や集団主義としては説明不可能な第三の日本文化論の定立という本質的な問題意識が存在するのである。

ここで「関係体」とは社会システムが置かれた状況との具体的・個別的連関性を自分のシステムの中に受け入れ、他のシステムと密接に連結しながら行動する関連的行動主体のことである。この関係体の中心になる間人主義は、人と人の間としての人間を考え、これを個人とは異なる間人の人間と言ってこの東洋人の人間観を西洋人の個人モデルとは違う間人モデルと呼んでいる。西洋人の個人モデルでは自分が自我として理解される。これに対して、東洋人が見る間人モデルでは自分を対人関係の中に位置させるが、日本人はその自意識を普通「自分―ジブンー」と名付けている。

この「自分」という言葉の意味を間人モデルと関連して把握した木村は、自我と「自分」を対比させ、自己自身の独自性がいつも同一性と連続性を維持するところから自我が存在し、逆に「自分」は本来の自己自身を超えた何かに対するその時の自分の分け前であり、いつも同一性を持つ実質ないし属性ではないと言う。ここで「自己自身を超えた何か」とは「自分」と相対との間を意味する。つまり、西洋人には自己自身に対する意識が確かな個人主体として「自我」以外には存在できなく、これに対して「自分」と言うことはいつも確立できている主体としての自我とは違うことである。このような観点で見ると、日本人の「自分」とは自他の間で共有される現実の生活空間の中で自分が置かれたそれぞれの状況によって自己自身の分け前を意味することになる。こういう形で成立できている対人関係の存在方式は西洋式の「社会関係」と呼ぶことは適切ではないと言ってこれを「間柄」と呼ぶ学者もいる。

このような間人主義論が主張されたことには日本文化の閉鎖的集団性を否定的に評価する欧米社会の批判があった。つまり、日本的集団性を批判する欧米があるゆえに、日本的集団主義を擁護する間人主義が登場することになったのである。

[레벨:0] 201301718송락용

2018-05-22 20:36:25

問題提起

Edward W. Saidオリエンタリズムで彼はオoccident(日が沈む西側)の反対としてオリエント(東に日が昇る)という言葉を使用し始めたと説明している。 つまり18世紀啓蒙主義の時期に自分たちを知るために比較体として打者である東洋を連れてく来た。つまり、これはすべて知的虚構の想像物だと話した。 それでは本質的に間人主義、個人主義、集団主義などのような文化圏を説明する時に、我々だけの文化というのは実際に存在するのか?


Ⅰ.問題提起

個人主義:団主義"という社会編成原理に対する批判的言説の問題点について見てみよう。 続いて、その代案として"個別:関係体"モデルの有用性の考察を通じて関係体主義の導入の必要性を考えてみる。最後に関係体主義と言う方法論で日本を内在的な観点で分析した際、日本文化の特徴で規定される第3の日本文化論とも言える浜口(浜口惠俊)"間人主義"が集団主義論の否定的イメージをどう克服して行っているかを考察する。


Ⅱ.個人主義:団主義"図の解体

浜口は日本的現実だけを説明する特殊理論として提起されて広く一般に収容されたものは欧米起源の社会科学一般理論がいつも自明とされて、それ以外のパラダイムの可能性が考慮すら出来なかったのだろうとして、欧米起源の社会科学理論に基づいた既存の日本文化論を総括的に批判している。 

以上のような背景で、その間、明示的あるいは暗黙的に日本人集団主義を受け入れてきた従来の日本文化論に対する解体が行われる一方、積極的な代案の一つとして関係体主義の次元で日本的集団主義に対する新たなアプローチが行われている。


Ⅲ.「個別 : 関係体」 モデルの構築


(公文俊平)によると「主体とはオブジェクトを認識、香水、制御しようとする能動的な存在である。

個別体を定義すればそのシステムが与えられた状況との具体的・特定的な関連性を意図的に切ったこととして確保された自分の領域を専横的に制御して行動しようとする場合のその主体の存在形態、つまり個我(ego)または獨我(self)を指す。

関係体は関与的ホロン(holon)、または自己組織系(self-organizing system)をいう。


関係体としてのホロン


最初に下位システムを統括する全体でありながら自分は上位システムに統括される部分でもある。

二番目に自己システムと同一レベルにあるもの(同位)対して、一つの個体として統合性を維持し、それと並んで他の個体から個体群との相互依存的な協力関係を維持していく


Ⅳ.関係体としての間人主義


1.間人主義の人間

人間観の二つのモデル、つまり西洋の個人モデルと東洋の間人モデルではそれぞれ行為主体者である自我(self)と自分、人間性の分析概念として(personality)と「レン」(人)を想定しているが、これを具体的に比較・説明する。


personality」とは体心理の内部で繼起のもとを重点を置いている

「レン(人)」は対人交渉(interpersonal transaction)に重きを置いている。


2.間人主義の存在論的基盤


欧米社会の人間関係がお互いに独立した個人間の授受的(give and take)な相互作用に基づいている。つまり西洋は「社会関係」である。

日本社会での相互間の連結は緣のネットワークと言えるということだ。これは「あいだがら」(間柄)である。

3.間人主義の論理構造


それぞれに独立した行動主体としての'個人'は社会的原子と言わなければならない存在、'個人'が幼児的な自我としての'単独的主体(individual subject)'

「間人」は、いわゆる社会的分子であり、各個体は分子間結合のように両者間の相互作用を共通に所有する生活空間を自分のシステム内に保有、間柄において主体システムであり対人的脈絡を自分の生活空間に内包する'関与的主体(referential subject)

[레벨:0] 12김민원

2018-05-23 17:46:15

問題提起

日本社会を理解するため、間人主義論は適当な議論と思います。しかし、間人主義論だけでいろんな社会現象を全部説明することは難しいです。今の間人主義論の補完点は何がありますか。その補完点のため、最近はどんな研究がありますか。

 

要約

1. 日本集主義論礼賛

斂論 -近代化産業化が進み始めてば、過去の史や統とは係なく工業社の要件をたす値丁香が生して近代化産業化を果たした社同士は値の面で、本質的な類似性を持つため、近代化産業化に成功するためには個人主義文化が必要不可欠

反収斂論  -近代化産業化が統の相違性を抹殺することができず、それぞれの工業化社の間には値の面で根本的な異性と異質性が存在するため、個人主義文化がなくても近代化産業化を成し遂げることができる

斂論 -欧米先進国も由来なしに早い速度で、近代化・産業化を達成した日本からその秘訣である日本の集団主義を学ばなければならないという内容

 

2. 間人主義理論の構築

1)'アウトサイド・イン'原理

アウトサイドインの原理は日本人なりの自己制御機能を備えた打者関与的行の公準と言える。 日本人は係においては単独でいるときの自己中心的定位からアウトサイドインの志向にえることができる能力を豊富に備えている。

2メタ日本人論

日本人がこの自我不確感を克服するために試みている儀式的無意識的なメカニズムとして所する依存を基にした''の形成あるいは集や交際において自と他の役割と地位上の係性を明確にすることによって自我の適切な位置決めなどを持っている

3)間人主義論

日本人からは集の中で個の意思を押し通しという米型の個体的自律性はあらわれていないと肯定した。 つまり、日本人はすでに知っている人たちとの有機的な相互係をいつもきれいに維持しようとするいわゆる関与的主体性の所有者でもいいということだ。

. オリエンタリズム化

間人主義いと考えたアジアでも個人主義はかなり高い支持を得た。 この傾向は社生活において個体性重視の個人主義と並んで係性重視の間人主義の際的遍在性を示唆するものである。 間人主義は日本固有のことであり、個人主義は、尾の特有のものという従来の比較社会学的な見解の修正が要請される

 

日本人論のオリエンタリズム化過程を見て、文化'個人主義:主義'分する米文化拘束的な文化論の限界を直視しかねないという点、日本文化論と同じ東洋している韓文化論の中に在しているオリエンタリズムにする警戒心を呼び起こしてさらに韓文化論の理論の開に新しい地平を開く可能性を探索することができたという点に本究の意義

[레벨:1] 13이찬우

2018-05-24 00:20:52

[問題提起]


1.間人主義の「間人」は主体性があると言えるか。‘連帯的自律性’、‘他者関与的主体性’ということは正確にどういう意味なのか。「間人主義」としての日本人は、‘自律性’、‘主体性’のある存在としても、究極的には各個体の主体性が弱くみえる。それとも、私が考える‘主体性’という意味自体も西洋中心の思考方式に起因したのだろうか。「間人主義」が「個人主義」に比べて優越だと主張する根拠はなんだろうか。


[要約](参考文献:個人對間人:일본인론의 탈오리엔탈리즘화 과정)


「間人主義」の構築

戦後ベネディクトの診断は日本人集団主義論者たちの間で、真の省察もなく無批判的に収容されて深化されてきた。 濱口は日本人自ら開発した概念の必要性を痛感した。 そのために、濱口は今まで出た日本人集団主義論を一つ一つ解体する過程で、 他者関与的行為 `を基本の属性とする’日本らしさ’の公準(Postulate)であるアウトサイド・イン(outside-in)の原理を悟らせたのである。


1. アウトサイト・イン原理

アウトサイド・インの原理は、日本人なりの自己制御の機能を備えた他者関与的行為の公準と言える。 日本人は対人関係においては、単独でいるときの自己中心的定位から、アウトサイド・イン志向に変える能力を豊富に備えている。 これに対して「罪の文化」を持つ欧米人の志向のタイプは、明らかにインサイド・アウト型で、彼らは幼い時から社会化過程を通じて、個人主義の価値観を自分の揺るぎのない固定基準として使用している。


2.「間人主義論」

濱口は日本人からは集団の中で個々の意思を押し切る欧米型の個体的自律性は現れていないと肯定した。 つまり、日本人はすでに知っている人たちとの有機的な相互関係をいつも良く維持しようとする、いわゆる関与的主体性の所有者でもいいということだ。 そしてこれを「個人」と対比される「間人」と名づけた。

これに基づいて、濱口は個人と間人の違いについて、それぞれに独立した行動主体としての「個人」は社会的原子という存在であり、これに対して「間人」は、いわゆる社会的分子であり各個体は、分子間結合のように両者間の相互作用の共有する生活空間を自分のシステムの内に保有する。

つまり、連帯的自律性を持つ日本人に、集団主義という言葉から連想される組織や集団への隷属・没入は現実的にありえないことである。 西洋の個人主義に対して、「日本的集団主義」を「間人=間柄主義」と定義した。


3.結論

濱口はの特殊・優越性と普遍性を同時に主張する矛盾を露呈した。しかし、オリエンタリズムの産物としての集団主義の代わって、間人主義によって日本人を理解しようとするアプローチは有用性がある。 ただし、その有用性を客観的に認められるためには、内外から提起されている間人主義論の問題点をより明確にしてこれを解決する研究が先決されるべきであろう。

[레벨:1] 201401211 박소영

2018-05-24 12:13:47

[問題定義]

最初に現在、今日、集団主義の形をしている国がありますか。 (北朝鮮を除く)昔のファシズムのような現象を研究するときには、集団主義という単語が付き合うが、今日にはこの前にカルチャーマップで習った形に分けるのがもっといいと思います。 そのような意味で、間人注意個人主義はよく符合します。


[予約]

今まで社会分析的枠組みとして最も一般的に使われてきた構図は'個人主義:集団主義'だ。この構図の違いは、個人や集団の関係をどのように規定するかによって異なる。つまり、個人が集団に隷属されている社会は集団主義文化、個人が自立性を持って自分の利益を集団利益に優先できる社会は個人主義文化に分類されてきたのだ。 しかし、西洋人たちは自分の社会が自律的個性があふれる個人主義原理で編成されている 反面、日本社会は個人的自律性を欠いた集団主義が全体的特性を成していると見た。その結果、歴史の必然的な流れとして集団主義は個人主義によって克服されなければならないという考え方も登場した。ところが、現実的に集団の中にその構成員が完全に埋没されてしまう全体主義的集団主義は現代社会で存在することが難い。また、個人が集団から完全な自律性を持つ社会も存在することができない。 それで、西洋の優越性という価値を外れた新しい分析フレーム及び概念を定立するために、多様な努力をしてきた。特に、アジア国家の中で最も短時間に、そして最も成功裏に近代化を成し遂げた日本にはこれと関連した深い研究業績が蓄積されている。その中、最近耳目を集中させている代案の一つが分析の次元を'個別体(individuum)'がなく'関係体(relatum)'水準に移すべきだという関係主義(relatum-ism)パラダイムである。 ここで関係体は社会システムが置かれた状況との具体的/個別的な関連性を自分のシステムの中に収容して他のシステムと相互に密接に連結して行動する関連的行動主体という。関連的行動主体は行為の準拠を相手に設定して相手の気持ちに気を使いながら行動するのが一般的だ。이 これと反対に'状況'との関連性を意図的に切断して自分の意思によって自律的に行動しようとする主体の形が個別体である。この場合、唯我的性格を強く帯びて他者との関係は自己の生活外側で'契約'に根拠して手段的/戦略的に行われる傾向が強い。まだ、関係体主義が完璧な姿を備えず、普遍化されていない点、日本文化についてのもっともらしい言い訳ではないかという問題点もあるが、一つの代案として作用しかねないという点も認めなければならない。 も個人主義:集団主義この明白かつあまりにも単純な分析枠は現代版オリエンタリズムとしか見えないため、どう見れば、自国の防衛的性格を帯びてもこのような研究を続けるという点は肯定的だ。

Board Menu

목록

Page 1 / 5
번호 제목 글쓴이 날짜 조회 수
99

さとり世代

[레벨:7]81박용구 2018-06-14 56
98

内向き志向

[레벨:7]81박용구 2018-06-14 44
97

가계도속의관계

[레벨:7]81박용구 2018-05-24 79
96

동서양인심리테스트

  • file
[레벨:7]81박용구 2018-05-17 85
95

트리엔디스보충

[레벨:7]81박용구 2018-05-17 87
94

참선과 자기 변화

[레벨:7]81박용구 2018-04-20 91
93

서평-참조

  • file
[레벨:7]81박용구 2018-04-05 118
92

노무현전대통령의 평화의 바다

[레벨:7]81박용구 2018-04-05 101
91

(9주)5/3수업자료

[레벨:7]81박용구 2018-03-07 142
90

(3주)3/22수업자료

8
  • file
[레벨:7]81박용구 2018-03-07 230
89

(15주)6/8수업자료

4
  • file
[레벨:7]81박용구 2017-03-17 197
88

(14주)6/7수업자료

5
  • file
[레벨:7]81박용구 2017-03-17 172
87

(13주)5/31수업자료

6
  • file
[레벨:7]81박용구 2017-03-17 179
86

(12주)5/24수업자료

6
  • file
[레벨:7]81박용구 2017-03-17 189
85

(10,11주)5/10,17수업자료

7
  • file
[레벨:7]81박용구 2017-03-17 207
84

(7주)4/19수업자료

8
  • file
[레벨:7]81박용구 2017-03-17 174
83

(6주)4/12수업자료

8
  • file
[레벨:7]81박용구 2017-03-17 185
82

(5주)4/5수업자료

9
  • file
[레벨:7]81박용구 2017-03-17 203
81

(2주)3/15수업자료

7
  • file
[레벨:7]81박용구 2017-03-09 223
80

(4주)3/29수업자료

7
  • file
[레벨:7]81박용구 2017-03-06 240

Board Links

Page Navigation

Top