(10,11주)5/10,17수업자료

[레벨:7] 81박용구, 2017-03-17 12:20:39

조회 수
228
추천 수
0

즐거운 수업 분위기를 만들어 주세요.

7 댓글

[레벨:1] 201401211 박소영

2018-05-09 10:33:03

[問題提起]



[要約]

参考資料: 日本日本人論 1

日本人のアイデンティティ 'と'現刑 見出す。 というの目標まった日本人論しかし、イデオロギとは、実際存在する概念または思想というよりは対象目標する方向いてくための手段的概念にもっとい。実際がないことをまるで実際のようにすとじるようになるからだ。 '日本=団主義'ということも、に、一部つだ。 したがって、日本70年代から熱心投資してきた日本人論研究はどのようにるなら、日本文化論のイデオロギ的機能をしてきたともえる そして、本人'個人主義団主義測定'をしてみましたが垂直的個人主義性向た。 自由だが平等いことがで、市場主義(に、やフランス)自由市場主義的政治システムのもとに存在する。垂直的ではあるが、団主義個人主義にあるとえられてい国社会では葛藤しやすいタイプであるようなもする

 

参考資料: 1回共同

1回共同 やはり上記日本日本人論たような脈絡なの「イデオロギ-としての日本人論・論」ではなく、「国民性としての日本人論可能性探求し、よりした日本人論のあり構築する うことを目的にしている。 日本は、明治維新以降戦争経験したから現象にもっともらしい名前をつけなければならない習慣じたようだ。 それが日本人論国民特性分析する内容核心ではなく、'日本優秀'というイデオロギー的特性反映した理由がないのかな? 包装ぎると本質うものだ。 より観的かつ具体的21世紀日本人論必要である

[레벨:0] 15가와하라나츠미

2018-05-09 13:33:36

資料 第一回共同研究

問題提起

集団主義、個人主義、間人主義、別人主義というのも日本とほかの国とを比較する相対的な観点があってこそ成立可能であると考える。論文では欧米との比較はあるが一番近い国韓国との比較はない。韓国と比較して日本はどうなのか意見を聞いてみたい。

 

要約

本論文はイデオロギ-としての「日本人論論」ではなく、「民性の特としての日本人論」の可能性を探求し、21世紀における日本人論のあり方を構築するという目的で書かれたものである。本論文では21世紀の日本人論の組みを「個人主義:集主義」から「間人主義:別人主義」へシフトすべきであるとしている。

「個人主義:集主義」という二分法下では、日本人は集主義者へ着するしかない。集団主義とは各の個人が所する集に、個人を超える優先を付する行形態または原理をいう。つまり、集の利益が個人の利益より優先される社会である。そのように定義した場合、日本人より米人、特にアメリカ人のほうがより一層集主義的だという究結果が出始める。では「個人主義:集主義」の自体が間違っているのではないかという疑問が生まれる。

日本人の将来ついては、集主義の崩、間人主義(もしくは係主義)の持と普遍化、個別化の進展、個人主義の出現及び進展など多な立場が存在している。しかし日本人にみられる個別化現象は「人間の尊•自律性•自我現•プライバシ•抽象的人間」などを基本値にする米の個人主義とは本質的に別される。

いくつかの問題点を潜んでいるものの間人主義は日本人論を論じるにあたって適している。文化論というのは、時流と空流を影響を受け、容する力動性を持っている。したがって、日本人の現形として個別主義を前向きに捉える必要性がある。要するに、「個人主義:集主義」から「間人主義:個別主義(一人主義、別人主義)」へ日本人論のパラダイムシフトが求められている。

[레벨:1] 12송은준

2018-05-14 02:45:59

問題提起

韓国人から日本人のことを描写するときよく個人主義傾向があるといいますそれは文化、「一人文化」(えば一人向けの食堂いことやオンラインゲームよりビデオゲームのがもっと人気があることんなどがあるからだといますそれでは韓国人日本人個人主義的特性本文あるいは欧米個人主義とはうのでしょうかそして個人主義個別主義でしょうか

 

要約

2-1 日本人論論調

杉本良夫 : 収斂反収斂逆収斂論争文脈のなかで日本社会社会科学対象になった

収斂論産業化むと歴史伝統わらず工業社会要件たす構造体系価値志向発生産業かをげた社会には本質的類似性公有される

反収斂論構造的にも価値的にもそれぞれの工業社会には根本的相違点異質性

逆収斂論反収斂論論理進展させ欧米先進国日本からかをぶべきだと主張

日本内論調区分民主化理論期アメリカ形近代化理論期新国民性論とナルシシズムの復興期

 

青木保近代化成就日本経済成長如何によって変容されてきた日本文化論論調つの時期区分した

1 否定的特殊性認識伝統的日本文化日本近代化邪魔になる様相評価する

 歴史的相対性認識伝統的日本文化じた日本近代化可能性模索する

3 肯定的特殊性認識西欧とは日本文化独自性肯定的再評価しようとする

3-後期西欧的近代化かられて日本人のアイデンティティをみがわれる

4 特殊性から普遍性:「日本人論特殊性主張する閉鎖性かられるべきだという主張れる

 

2-2 日本人論のイデオロギー

集団主義評価変化高度経済成長要因として評価された日本人集団主義国際化日本底成長経済のような外部環境変化閉鎖的慣行文化的コード評価わった

濱口恵俊間人主義論欧米個人主義日本集団主義規定する日本人集団主議論全面的修正必要。→ 日本人論のイデオロギーする論争加熱

 

日本人論のイデオロギー性論争

- 北村実 : 時代状況によって姿わる作為的日本人論指摘した

- 杉本良夫, ロスマオア : 日本人論虚偽性描写した

- 青木保 : 日本文化論個人主義集団主義をステレオタイプ一般論としていしてきたと批判した

- 別府春海 : 日本文化論事実客観的描写したわけでなく日本人特徴適当つのシステムとしてしたことにぎないと指摘した

- 日本左波グループ岩崎允胤河村望上田浩):日本文化論のイデオロギー戦前日本軍国主義時代京都学派展開した日本文化論延長線上理解した

 

2-3 時期別日本人論代表作

2-3-1 収斂論-否定的特殊性認識歴史的相対性認識時期前半

ベネディクトの』、川島武宜本社會家族的構成

2-3-2 反収斂論-歴史的相対性認識後半肯定的特殊性認識前期

加藤周一日本文化雜種性』、梅棹忠夫文明生態史観序説』、中根千枝タテ社會人間關係』、

作田啓一文化再考』 土居健郞『「えの構造』、木村敏との精神病理学的日本論

2-3-3 逆収斂論-肯定的特殊性認識後期特殊性から普遍性

上山春平

[레벨:0] 12김민원

2018-05-15 23:03:35

問題提起

1.最近、韓国には一人で生活することが頻繁になります。この状況は日本で先から出た社会的な現状です。そんな現状は日本の別人主義のひとつの現状だと思います。その韓国の一人暮らしと日本の一人暮らしの違いは何がありますか。

2.オリンピックとワールドカップなどの国際的なイベントがあるとき、日本はどんな動きがありますか。その現状には別人主義と間人主義の中、どんな影響がありますか。(韓国には街頭で応援する文化がありますので、日本より集団主義的な現状があると思います。)

 

要約  

21世紀における日本人論のパラダイムシフト-「個人主義:集主義」から「間人主義:別人主義」へ

1. 従来の日本人論についての問題提起

1)濱口

日本人は行動面において自立性の高い個体的存在(個人)ではないと見做し、その極にある社を重視して日本人は集主義者

団内にそのメンバが完全に埋してしまう全体主義的傾向を意味する日本的集主義についての誤解を解きたい

2)杉本良夫, ロス・マオア

 エピソド主義ことば主義(格言)異質なサンプルの比較排他的感主義西洋一元論

3)山岸俊男

バブル崩後、日本集主義の神話を一枚一枚丹念にぎ取っていき、会学、人類、心理、政治経済学など多な分野から日本人論、特に、日本人集主義論の真偽、さらに、個人主義:集主義というみについて問題が提起

2.日本人論究にのぞむスタンス

1)   時流と空流が交差して生み出される力動性の産物。時流として農業社→工業社→情業社、空流として米個人主義と習合を想定

2)   土着と外来概を考慮する複眼的レンズを兼ね備える

3)   土着念として間人主義と別人主義、外来概念との接点として係主義を想定する

4)   21世紀の日本人論の組みを「個人主義:集主義」から「間人主義:別人主義」へシフトすべきである

5)   間人主義は日本人の元形、別人主義は日本人の現形にてはまる

3.日本人集団主義論の問題点

 ―哲学的面:反個人主義→全体主義(ナチズム、ファシズム、軍国主義)

→社会主義(中国、ロシアなど)

―社会学的面:伝統社会と近代社会(特にパースンズの類型論)

―心理学的面:ホフステド、トリアンディス、高野良太郎など

4. 集主義

の個人が所する集に、個人を超える優先を付する行形態または原理

無統制の資本主義(個人主義)→民主主義主義共産主義全体主義の順に集主義的傾向がくなる

第2次世界における全体主義化することによって信の喪失

日本人より米人、特にアメリカ人のほうがより一層集主義的だという究結果が出始める(高野、浜口など)

5. 係主義

米のアイデンティティ理論家((John C. Turner, Marilynn Brewerなど)も、人間の心理的特性を正しく明するためには、「個人主義:集主義」というモデルを「個人主義(individualism)係主義(relationalism)―集主義(collectivism)」へ代替することを唱える

このうち、「集感」と「集目標の優先視」のみ自分と集(体としての集)係を把握するものであり、他は全部自分と親密な他者と係を把握するものである

6. 日本人の現形としての一人主義

問題提起にとどまり、体がまだつかまらない。

―公文俊平は自律的に意識し、行動しているようにみえるが、これは自分自身の都合に合わせ行動することとして行動上の個人主義化、現象主義的個人主義化であり、個人の究極的な値を信ずる信念としての個人主義と別して個別化ということばを使っている。

―個人をの個人として自立させる面的な件が重要である。たんなるアトム化は個人主義ではない。

―個人主義の値を習得するまではいってない。

つまり、日本人にみられる個別化現象は「人間の尊•自律性•自我現•プライバシ•抽象的人間」などを基本値にする米の個人主義とは本質的に別される

[레벨:1] 13곽철현

2018-05-16 18:34:36

「日本人論の流れ」

「問題提起」

 本文でイデオロギー論のせいで文化論は大衆消費財になったと言っているところに疑問が残る。日本文化論がイデオロギーとしての性質を持っているとしても、それを理由にして文化論が大衆消費財になることはうまく理解できない。イデオロギー性があるとしても、それは結局学者たちの論争であり、それが大衆消費財になることではないだろうと思う。

 

「内容要約」

戦後日本人論の流れについて、日本で大衆消費財として大量に制作され、流通された。日本語で書かれた本だけで698種であり、それを書いた人々は人類学者、歴史・民俗学者、心理学者、哲学者、政治・経済・法学者、科学者、言語・文学者、外交官・評論家・ジャーナリストなど色々な分野の専門家たちがいる。しかし、1980年代ほどまでの内容が分析対象であり、1990年以来はこのような日本人論が出版されなかったのが残念なところである。このような現実になった理由としては、日本人論、厳密に言って日本人集団主義者のンの魅力が落ちたからだと言える。日本が西洋の国家がないということにも関わらず早い速度で経済的近代化に成功した唯一な例だったのに、その背景に日本の集団主義文化があったからだという通説が、1990年代に日本の経済が長期てきに低迷になり回復の見込みがないということから否定され日本人集団主義の人気が落ちることになったのではないだろうか。ここでは戦後日本人論の流れを見て、日本人論の衰退と未来を考えてみようとする。

社会学者の杉本は日本社会が社会科学の対象となったのは西洋の論点である収斂―反収斂―逆収斂の論争のなかにあると言う。このような論調に従って、杉本は日本人論でも似たような「民主化理論期」、「アメリカ型近代化理論期」、「新国民性論とナルシシズムの復興期」に区分して近代の西洋社会での理想と思われた個人主義、民主主義などを基準にして日本の現実を見ようとした。その後、日本はユニークな社会であるゆえに日本研究には日本にぴったりな特殊な観念を使うべきだと話すことになった。

文化人類学者の青木は戦後のそれぞれの時期には日本文化論があって、それを根拠に日本を把握できると言っている。その時期とは「否定的特殊性の認識」、「歴史的相対性の認識」、「肯定的特殊性の認識」、「特殊性から普遍性へ」の四つのことを言う。ここでは結局西洋とは違う日本文化の独自性を認め、日本のアイデンティティを強調したが、最後の「特殊性から普遍性へ」の時期ではこのような日本の特殊性を超えれ世界的な普遍性を目指すべきだと言っている。

 日本人のイデオロギー性とは、直接的には日本人論が時代や状況によって時には肯定されて時には否定されるのも日本文化論がイデオロギーであるからだと言った話と関わっている。この概念によって日本人論が西洋の個人主義と異なる日本の集団主義について批判的に見るようになり、あげくは二分文化論の集団主義を否定するところからイデオロギー論を主張してイデオロギー論のせいで文化論が大衆消費財になったと言う。日本人の集団主義性である無自我性が結局イデオロギーとしての日本文化論を造ったということである。つまり、日本文化論が日本の経済発展状況に合わせたものに過ぎないのならば、真の日本文化論は存在しないということである。

[레벨:0] 201301718송락용

2018-05-16 21:36:16

「問題提起」

日本は個人主義であるのかそれとも集団主義であるのかを考えてみれば、欧米国家が思う日本が成長した理由の「企業別労働組合、列、用」などはあいまいである。集団主義とも言えるが個人主義とも言える。では欧米が思う「オリエンタリズム」自体が日本の分化を歪曲して、まるで日本の集団主義は悪いものだと主張しているのではないでしょうか?

「内容要約」

戦後日本人論の流れ


論調別にいくつかの類型に分かれる。これらを試みた代表的な人物には「杉本良夫」と「Ross Mouer」、「青木保」をえらべる。しかし、青木保の以後からはこのような著述は出てない。それは非欧米国家として日本が、それも由来なく早い速度で経済的近代化が成功した唯一な事例だったが、その背景に日本の集団主義文化があったがゆえに可能だったと言う通説が広く伝わったからである。だからと言って、1990年代以後日本人論が消えたわけではない。その以後の日本人論の行方を含め、戦後日本人論の流れと系譜を概観してみる。


日本人論の論調

収斂、反収斂、逆収斂」論争の文脈中からだったと指摘した。杉本に寄れば、収斂論の骨子は「一旦産業化が進めば過去の歴史や伝統とは関係なく工業社会の要件を満たす構造体系や価値志向が発生し、産業化を果たした社会同士では本質的な類似性を共有することになる。」という事である。これに対して「反収斂論」とは産業化の文化的伝統の違いを抹殺する事は出来ず、構造的にも、価値的にも各の工業社会間では根本的な違いと異質性が持続すると言う立場である。


青木保:近代化の成就(日本経済成長)の如何によって変容されてきた日本文化論の論調を四つの時期に区分した。

1期 否定的特殊性の認識:伝統的日本文化を日本近代化の邪魔になる様相と評価する。

第2期 歴史的相対性の認識:伝統的日本文化を通じた日本近代化の可能性を模索する。

3期 肯定的特殊性の認識:西欧とは違う日本文化の独自性を肯定的に再評価しようとする。

3-後期:西欧的近代化から外れて、日本人のアイデンティティを問う試みが行われる。

4期 特殊性から、普遍性へ:「日本人論は特殊性を主張する閉鎖性から外れるべきだ」という主張が表れる


日本人論のイデオロギー性

欧米を追いかけるような近代化を標榜し高度経済成長を持続していた時期に日本人集団主義はその動因で注目浴び、日本人の内的結束を強化させた。しかし、日本経済が中・底成長期に突入し、国際化の波が全面化すると日本人の集団主義は徐々に光を失っていった。時代が変わり閉鎖的慣行の文化コードになってしまった日本人の集団主義はもはや日本の経済成長にも、国際化にも役に立たなかった。では、なぜ日本の学者は日本文化を集団主義として扱っているのだろうか。それは日本の研究者がどの国を比較の対象として研究するかによって変わると言う。過去100年間日本の目標は欧米社会だった。そのため多くの日本人は日本人が集団主義的であると言う欧米人の見解を受け入れたのである。


時期別日本人論の体表作

収斂論ー「否定的特殊性の認識」(1945−54)と「歴史的相対性認識」(1955−63)時期の初期

ベネディクト「菊と刀」

2反収斂論ー「歴史的相対性認識」(1955−63)の後半と「肯定的特殊性認識」初期(196476

加藤周一の『日本文化の雜種性』、梅棹忠夫の『文明の生態史観序説』、中根千枝の「タテ社會の人間關係』、

作田啓一の『恥の文化再考』 土居健郞の『「甘」えの構造』、木村敏の『人と人との間精神病理学的日本論』

[레벨:1] 13이찬우

2018-05-17 02:16:47

[問題提起]


1.ベネディクトの「Shame Culture」と「間人主義」は、類似性が存在すると見られますが、相互関連があるかどうかが気になります。


2.今日の日本人論において「集団主義:個人主義」というパラダイムは、もう意味(説明力、適用性など)がなくなったのですか。そして、「日本は集団主義ではない」という命題を証明する実証分析の結果には、どんなことがありますか。個人的にも、日本は集団主義に近いと思いますが、これは西洋中心のステレオタイプに過ぎないのですか。


[要約]


「日本人論の流れ」


1-1.日本人論の論調

社会学者である杉本は、日本社会が本格的な社会科学の対象として関心を引くことになったのは、2世紀にわたった欧米の学界の論点である「収斂-反収斂-逆収斂」の論争の文脈と指摘した。 収斂論の骨子は'まず、産業化が進み始まると、過去の歴史や伝統と無縁に工業社会の要件を充足させる構造の体系や価値志向が発生し、産業化の成し遂げた社会同士は本質的な類似性を共有することになる'ということである。 一方、反収斂論とは'産業化は文化的な伝統の違いを抹殺することができず、構造的にも、価値的にもそれぞれの工業社会の間には根本的な相違点と異質性が持続する’という立場である。

また、日本の経済成長の浮き沈みによって戦後日本文化論の論調を四つの時期に区分した。 第1'否定的特殊性の認識'(1945-54)、第2'歴史的相対性の認識'(1955-63)、第3'肯定的特殊性の認識'の前期(1964-76)・後期'(1977-83)、第4'特殊性から普遍性へ'(1984-)に区分した。

1-2.日本人論のイデオロギー性

日本文化論をイデオロギーと見なした代表的な学者である別府は、「日本人集団主義論」があまりにも非科学的だと指摘した。 日本文化論は事実を客観的に描いたことではなく、日本の特徴を適当に一つのシステムとして作り出したことに過ぎないという立場である。 米国の研究者が日本を集団主義と想定したのは構造機能主義に基づき、日本の急激な近代化を説明するためであった。 また、過去100年、日本の目標は西欧社会であった。 そのために多くの日本人すら、日本人が集団主義という西洋人の見解を受け入れてきたということである。

1-3.時期別日本人論の代表作

1-3-1.収斂論・'否定的特殊性の認識'(1945-54)'歴史的相対性認識'(1955-63)時期の序盤

『菊と刀』とは勝戦国の米国が敗戦国日本に対する効率的な占領政策を立てる中に、日本人の文化や行動様式を把握するために書かれた本である。

1-3-2.反収斂論・'歴史的相対性認識'(1955-63)の後半と'肯定的特殊性の認識'の電気(1964-76)

この時期は、日本経済が戦前の水準へ回復してから、西欧と異なる日本文化の独自性を肯定的に再評価しようとする主張が支配的であった。 この時期には比較文化的・比較文明的な観点の論文が出た。

その中の一つは加藤周一の「日本文化の雑種性」である。 著者は英国・フランスの文化を純血種の典型とすれば、日本の文化は雑種文化の典型であると主張する。

もう一つは、梅棹忠夫の「文明の生態史観序説」である。 梅棹は日本や欧米を第1地域、中国・インド・ソビエトなどを第2地域に分類した。 日本は、西欧のような先進資本主義の国家の一つであり、その生活様式の特徴も他のアジア諸国とは違うと語っている。

1-3-3.駅収斂論・'肯定的特殊性の認識'の後期(1977-83)及び'特殊性から普遍へ'(1984-)

上山は縄文文化を、日本の深層文化と把握して、この文化は現在日本でも生きて動く力を持つと主張した。 このような縄文文化の特徴は、外来文明を受け入れようとする熱意、収容された外来文明に対する高度の吸収能力、吸収した外来文明を自然性に還元させる凹型文化として説明された。

欧米の個人主義を否定した浜口は、日本的集団主義という間人主義を日本人の社会的な行為の規制する基本的な原理と把握した。 個人主義は自己中心主義、自己依拠主義、対人関係の手段化が特徴である反面、間人主義は相互依存主義、相互信頼主義、対人関係の本質化をその特徴とした。

Board Menu

목록

Page 1 / 5
번호 제목 글쓴이 날짜 조회 수
99

さとり世代

[레벨:7]81박용구 2018-06-14 106
98

内向き志向

[레벨:7]81박용구 2018-06-14 80
97

가계도속의관계

[레벨:7]81박용구 2018-05-24 121
96

동서양인심리테스트

  • file
[레벨:7]81박용구 2018-05-17 118
95

트리엔디스보충

[레벨:7]81박용구 2018-05-17 125
94

참선과 자기 변화

[레벨:7]81박용구 2018-04-20 112
93

서평-참조

  • file
[레벨:7]81박용구 2018-04-05 133
92

노무현전대통령의 평화의 바다

[레벨:7]81박용구 2018-04-05 126
91

(9주)5/3수업자료

[레벨:7]81박용구 2018-03-07 163
90

(3주)3/22수업자료

8
  • file
[레벨:7]81박용구 2018-03-07 253
89

(15주)6/8수업자료

4
  • file
[레벨:7]81박용구 2017-03-17 213
88

(14주)6/7수업자료

5
  • file
[레벨:7]81박용구 2017-03-17 194
87

(13주)5/31수업자료

6
  • file
[레벨:7]81박용구 2017-03-17 199
86

(12주)5/24수업자료

6
  • file
[레벨:7]81박용구 2017-03-17 211
85

(10,11주)5/10,17수업자료

7
  • file
[레벨:7]81박용구 2017-03-17 228
84

(7주)4/19수업자료

8
  • file
[레벨:7]81박용구 2017-03-17 194
83

(6주)4/12수업자료

8
  • file
[레벨:7]81박용구 2017-03-17 204
82

(5주)4/5수업자료

9
  • file
[레벨:7]81박용구 2017-03-17 229
81

(2주)3/15수업자료

7
  • file
[레벨:7]81박용구 2017-03-09 253
80

(4주)3/29수업자료

7
  • file
[레벨:7]81박용구 2017-03-06 262

Board Links

Page Navigation

Top