4 댓글

[레벨:0] 13이경현

2015-04-05 18:37:27

하이에크 코멘트 (감상)입니다.

 

今まで個人主義社会主義自由主義について、これらの概念の基本的な意味と主張することについて勉強した。しかし、本と自分が感じていた概念と現実での意味合いへの疑問がこの論文から少し、理解が出来たと思う。事実、これらの概念は、何の主義と名づけられた以降、今まで単一で堅固な意味、または、肯定的解析を持ってなく使われてきた。これらの概念は自分の目的に合わせて使おうとする集団と人々が言及するたび、目的に合わせて変化してきた。

本論文で言及された、概念での意味の相違をハイエクは翻訳からの混同だど指摘することから、環境、人においてこれらの概念への意味の相違、自分が今まで個人主義の意味や歴史について勉強しながら感じた実際に今、大陸=ヨーロッパと欧米=アメリカ、オーストラリア の個人主義への異なる意味合いがどうやって始まったかについて理解できる話であった。これらの概念の差は英語圏と大陸(ヨーロッパ)を分けて、英語圏の個人主義が徹底的に国家主義と社会主義に反対の立場であったのに対しヨーロッパの個人主義は国家主義と社会主義を大目にみることからも現に実際の国から感じた’集団的行動’への理解が違う理由がわかってきた。

 

ハイエクは個人主義を真の個人主義合理的(偽りの)個人主義を分けて、個人主義が同一な名で主張する人によって、互い反対する原理に分けられることを指摘する。真の個人主義は民主主義の基礎になれるが、合理的個人主義は社会主義に流されることを指摘する。これらの二つは同等」「平等という意味を共通にもっているが、その意味の相違は大きい。前者は自由と同一のスタートを保障することならば、後者は強制とすべての人々を同一にさせることを意味する。自由の中での同等と拘束、従属の中での同等は大きな相違が存在する(トクビル)。

普段に我々が理解する個人主義は完全なる個人の自由を意味すると思いがちだが、ハイエクが主張する真の個人主義とは個々の自発的な協同で集団の強制を最小化することを意味すると理解される。規則や規律が必要ではないことではなく、互いの規則や規律が強く働き、外部の集団すなわち政府や国家の強制を最小化することを意味する概念である。

 

個人が自由になるためには最小限の強制、規律が必要でそれを政府・国家に一任するが、かれらの強制と規律が適正な水準を超えないよう、始終関心をもち、警戒することが個人の責任であることが個人による正しい個人主義からの自由、民主主義ではないかと思った。

 

[레벨:1] 14김혜민

2015-04-06 02:27:03

前回の『個人主義』で担当した内容の中でイギリスの個人主義に関する内容が含まれていたが、まさに今回の内容と繋がっている。個人主義の二つの伝統と言われる「真の個人主義」と「偽の個人主義」は、同じ名称を付けられながら、根本的に対立する原理によって区分されていた。前回の発表であるイギリスに当てはまる部分は、19世紀に受け継がれた前者の「真の個人主義」で、後者は合理主義によって勇気づけられたところの主にフランスやヨーロッパに受け継がれ、とくに社会主義や集産主義へと繋がっていた「偽の個人主義」である。


『個人主義と経済秩序』の第一章の主な内容というと、やはりこの二つの伝統の比較である。ここで焦点を当てたのは、個人主義とは言え、「真の個人主義」は個人をあまり信頼しなかったことである。18世紀のイギリスの思想家たちは、人間をきわめて非合理的で誤りを犯しやすい存在であるとし、その個々人の誤りは社会的過程を通じてのみ訂正されると考えた。主要な論点は、スミスの言葉を借りると、人間が最良の状態にある時にたまたま達成しうることに関心があったわけではなく、最悪の状態の時に害をなす機会をできるだけ少なくすることに関心があったということである。むしろ、社会主義・集産主義に展開される「偽の個人主義」の場合、発見しうる全ての秩序を人間の意図的な設計によるものとし、これは人間の理性を強く信じていたと言える。これに対し、当然ハイエクは個人の理性の力に過大な信頼を置きたと指摘した。


さらに、個人主義体制の基礎をなす最も一般的な原理(社会秩序を作り出すための手段として使用する)で「真の個人主義」は、人間は全能ではないので、個人に自由が与えられ得る唯一な道は、個人が決定権を持つ範囲を定めることであると主張した。逆説的にも個人主義的秩序は、強制的権力の行使を方法として、最も効果のある規則の立案に関して人間の創造力を発揮させる。


国家や社会より個人を優先する思想である「個人主義」が、実際人間の性悪説のように人間への不信から発展してきたというのが最も印象に残る。寧ろ人間の理性を強く信頼していた「偽の個人主義」が社会主義・集産主義へと展開せざるを得なかったのかが不思議である。


[레벨:0] 13이윤미

2015-04-06 08:27:01

 個人主義本質的特徴とは一体何であろうかと質問するえはつある

まずは社会的理論すなわち人間社会生活決定する藷力理解しようとするみであることであり社会についての見方からされる一組政治的確率第二義的なものにぎないということであるこの事実はそれだけでのような個人主義するありふれた誤解のうちでも馬鹿げたものを論破するのに十分であるそうするとその誤解とは個人主義社会存在することによっておの全体本質性格められている人間から出発するものでなく独立した個人または自足的個人存在前提にしているという確信のことであるもしこのような確信しいものであったとすれば個人主義社会についての々の理解貢献するところがないであるだろうと筆者はいうしかしながら個人主義基本的主張はこれとはくことなったものなのである

 この筆者個人主義本質的態度個人によって設計されたものではなくまた理解されたものではないにもかかわらず個人知性事実はかるにえるような偉大なことを人類達成してきたその過程する謙遜態度であるということであると指摘している

[레벨:1] 13박혜주

2015-04-06 12:22:45

今まで個人主義やあらゆる理論を見てきたが、我々が使用している用語や理論の正確な定義がそもそもあるのか。結局、個人であれ社会であれ、決められた枠組の中で意味が存在するのではないかと思うので、それを真の意味であると決めるのができるかについての疑問がある。ハイエクが語る真の個人主義は、まず民主主義を信じることから、個々の個人を認定することに私も個人的に同意したい。また、自由という単語に伴う責任について考える必要があるのではないかと思う。

Board Menu

목록

Page 1 / 2
번호 제목 글쓴이 날짜 조회 수
34

13 박혜주

  • file
[레벨:1]13박혜주 2015-11-02 346
33

15 마미

[레벨:1]11마미 2015-10-24 232
32

13이윤미

  • file
[레벨:0]13이윤미 2015-10-18 372
31

14 김현경

  • file
[레벨:0]14김현경 2015-10-18 373
30

12 박찬규

  • file
[레벨:2]12박찬규 2015-10-08 361
29

15 마미

  • file
[레벨:0]15마미 2015-10-05 335
28

11 정희정

  • file
[레벨:1]11정희정 2015-10-05 419
27

15년 2학기 발표 순서

[레벨:2]12박찬규 2015-09-21 416
26

11 정희정

4
  • file
[레벨:1]11정희정 2015-03-21 662
25

12 박찬규

  • file
[레벨:2]12박찬규 2015-03-09 588
24

13이윤미

  • file
[레벨:0]13이윤미 2015-03-08 535
23

14 김혜민

  • file
[레벨:1]14김혜민 2015-03-07 583
22

13 박혜주

  • file
[레벨:1]13박혜주 2015-03-07 602
21

13 이경현

  • file
[레벨:0]13이경현 2015-03-07 573
20

13 이경현

77
  • file
[레벨:0]13이경현 2013-04-07 1268
19

13 양희정

2579
  • file
[레벨:0]13양희정 2013-04-07 1474
18

13 박혜주

2516
  • file
[레벨:1]13박혜주 2013-04-07 1671
17

기말 소논문 입니다.

135
  • file
[레벨:0]11박상준 2012-12-23 1333
16

12 박단비

126
  • file
[레벨:0]12박단비 2012-11-04 1371
15

12 손보은

186
[레벨:0]12손보은 2012-11-04 1544

Board Links

Page Navigation

Top